診療科と診療時間

産婦人科

診療予定

産婦人科
午前 1診 金田 東田  栁沼由紀
(9:30~)
東田  金田
2診 栁沼由紀  栁沼由紀    浜名
(9:30~) 
浜名 

午後

一般診察
受付時間
~16:00

助産師外来  東田
(14:30~)
東田
(15:00~)
金田
(13:30~)
常盤[135]
(14:00~)
    母乳外来 助産師指導 東田
(15:00~)
    助産師指導    
    産後1カ月
健診
   

赤 穂この色がついているところは予約が必要となります。

診療内容の概要

産科

安全でかつ自然な分娩を目指し、定期的な健診を行い、妊娠中の異常(流早産、妊娠中毒症など)の早期発見、治療につとめます。
他の病気を持っている妊婦さん(合併症妊娠)にも、各科の専門医と協力して、慎重に母体と胎児の健康管理を行います。
異常妊娠(子宮外妊娠、胞状奇胎など)に対しては、適切な処置をし、今後の妊娠に悪影響がないよう治療します。

婦人科

月経(生理)の異常に対し、その原因(子宮筋腫、子宮内膜症、女性ホルモンの乱れなど)を調べ、適切な治療を行います。
女性性器(子宮、卵巣、外陰部など)の悪性腫瘍(がん)の早期発見につとめ、積極的かつ総合的な治療を行います。
他に女性特有のさまざまな症状(更年期障害、外陰のかゆみなど)の治療や、不妊症や避妊の相談もさせていただきます。

特徴・特色

産科

「自然で良いお産」「母乳栄養を大切にする自信をもった育児」を目標に、妊娠中外来では保健指導(ラマーズ法、栄養指導、乳頭の手入れ)や母親学級、両親学級、マタニティ-ビクス、更に助産師外来(助産師による妊婦健診)を、出産後は母乳外来、出産した人たちが集う「ママと赤ちゃんの集い」などが設置されています。
入院中には立ち会い分娩、出産直後の母子の早期接触(通称カンガルーケア)、そして出産当日からの母子同室を行います。特に当院ではカンガルーケアを帝王切開の患者様にも行っているのが特徴です。
当院は2010年8月にWHO/UNICEFにより「赤ちゃんにやさしい病院(Baby Friendly Hospital:BFH)」に認定されました。これは日本ではまだ数少ない母乳育児を支援する基幹病院であり、常に新しい情報に留意して皆様に寄り添う周産期医療を実践しております。

婦人科

QOL(治療後の生活の質)を考え、子宮鏡を中心とした内視鏡手術(侵襲も少なく、入院期間が短い)、良性疾患のみならず癌治療も積極的に行っています。
特に子宮癌検診の診断には力を入れており、病理科と共に産婦人科医も直接的に細胞診断を行い精度を常に高め、診断から治療まで速やかに良い医療を患者様に提供できる体制となっております。また近年始まったHPVワクチンの普及にも努めています

スタッフ紹介

氏名科長役職専門資格
常盤洋一   産婦人科医師 日本産科婦人科学会 専門医
母体保護法指定医
東田太郎 ○  産婦人科部長 日本産科婦人科学会 専門医
母体保護法指定医
日本臨床細胞学会 専門医
国際ラクテーション・コンサルタント
金田憲熙   産婦人科部長 日本産科婦人科学会 専門医
母体保護法指定医
栁沼由紀   産婦人科医師  日本産科婦人科学会 専門医

症例数・治療実績

外来延べ患者数入院延べ患者数平均在院日数
8,511 4,477 8.48

医事システム年報より(平成27年度)

疾患上位5件
疾病名患者数
単胎自然分娩 170
子宮体癌 26
卵巣の良性腫瘍 22
切迫早産 20
子宮筋腫 19

退院患者諸統計より(平成27年1月~12月)

手術上位5件
手術名患者数
帝王切開術 54
子宮悪性腫瘍・良性腫瘍・筋腫核出術 44
卵巣悪性腫瘍・良性腫瘍摘出術 30
子宮内膜掻爬術 17
流産手術 12

退院患者諸統計より(平成27年1月~12月)

トップへ

赤穂市民病院へのご意見をお聞かせ下さい。

頂いたご意見への回答は行っておりません。

ご意見ありがとうございました。
今後の運営に活用させていただきます。

診療内容に関するお問い合わせにつきましてはお答えできません。また、個人情報が含まれるお答えはいたしかねます。
お問い合わせされた情報は、お問い合わせへの回答でのみ利用させていただきます。

必須項目を全て入力して下さい。

お問い合わせ内容

お名前※
メールアドレス※
ご住所
電話番号※

※は必須項目です。

お問い合わせありがとうございました。