診療科と診療時間

心臓血管外科

診療予定

心臓血管外科
午前   森本     藤本

赤 穂この色がついているところは予約が必要となります。

診療内容の概要

下記の疾患に対する手術を行っています
狭心症、心筋梗塞、心不全、弁膜症、不整脈、大動脈瘤、大動脈解離、閉鎖性動脈硬化症、下肢静脈瘤、肺塞栓症

特徴・特色

2013年2月より常勤医が二人体制となり、緊急手術への対応も可能となりました。

当科で行っている主な手術
  1. 冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)
    主に動脈硬化が原因で、心臓を栄養する血管が狭くなったり閉塞している方に対する治療です。
    主な手術は
    冠動脈バイパス術
    心臓の血管に新たな通り道を作成する手術です。患者様の状態に応じて心停止、心拍動下手術を使い分けています。
    左室形成術
    心筋梗塞により左室が拡大した方に対して左室を切開して左室の形態を整える手術です。
  2. 弁膜症
    心臓の傷んだ弁を修復したり、人工弁に置き換える手術を行っています。大動脈弁では弁輪形成や弁輪拡大を積極的に行い、十分な大きさの人工弁に置換しています。
    僧帽弁
    自己の弁を修復する方法である弁形成術を積極的に行っています。人工弁に置換する場合でも心臓の筋肉と弁輪の連続性を保持し、心臓の機能を温存する方法を行っています。
  3. 不整脈手術
    心房細動に対する積極的なMAZE手術を行っています。弁膜症など、心臓の手術を行うとき、同時に施行することにより不整脈を正常の脈に戻す方法です。心房が拡大してしまった方には効果が少ないとされていますが、当院では積極的に心房を縮小してMAZE手術を行うようにしており、心房細動の歴が長い方や心房が大きくなってしまった方でも現在まで良好な成績を得ています。

  4. 大動脈手術
    大動脈の根元から 弓部 胸部 腹部 に至る大動脈の手術を行っています。緊急手術への対応が可能となり、急性大動脈解離等に対する手術にも対応しています。大動脈解離の手術では、大動脈の縫合をする部分の形成が鍵となりますが、当科では止血、形態に優れた方法と考えられる大動脈の外膜を翻転し断端を形成する方法を採用しております。

  5. 閉塞性動脈硬化症
    循環器内科と協力し合い、病変の形態に応じて、カテーテル治療やバイパス手術を行っています。

  6. 下肢静脈瘤
     

スタッフ紹介

氏名科長役職専門資格
森本喜久   心臓血管外科部長 医学博士
日本外科学会専門医 指導医
心臓血管外科専門医
日本循環器学会専門医
藤本将人   心臓血管外科医長  腹部ステントグラフト実施医
下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医

 

 

トップへ

赤穂市民病院へのご意見をお聞かせ下さい。

頂いたご意見への回答は行っておりません。

ご意見ありがとうございました。
今後の運営に活用させていただきます。

診療内容に関するお問い合わせにつきましてはお答えできません。また、個人情報が含まれるお答えはいたしかねます。
お問い合わせされた情報は、お問い合わせへの回答でのみ利用させていただきます。

必須項目を全て入力して下さい。

お問い合わせ内容

お名前※
メールアドレス※
ご住所
電話番号※

※は必須項目です。

お問い合わせありがとうございました。