教育体制

新人看護職員教育体制

教育目的

  1. 病院組織の概要がわかる
  2. 専門職業人としての知識・技術・態度を学ぶ

教育目標

  1. 医療の専門職としての知識・技術・態度を習得し、赤穂市民病院の看護職員としての自覚を持つ
  2. 看護専門職業人として、安全・安楽なケアが提供できる

新人看護職員教育計画

新人看護職員教育計画

集合研修(OFFJT)

入職時研修

看護に必要な基礎的な知識・技術を習得

1ヶ月フォロー研修

安全管理・専門分野の基礎知識の習得に重点をおいて行う

3ヶ月フォロー研修

リアリティショックを強く感じて落ち込む時期であるため、責任を持って看護が実践できるように具体的な内容としている

6ヶ月フォロー研修

多重課題・時間急迫状況下における安全な看護ケアの実施のための内容としている

9ヶ月フォロー研修

1人で実践できる看護ケアが増えているこの時期は、より専門的な知識・技術の習得ができる内容としている

12ヶ月フォロー研修

12ヶ月が経過し、今後の目標設定ができる内容としている

職場内教育(OJT)

管理者や先輩から実践を通して臨床現場に必要な知識・技術・態度を業務の中から学び、看護の質の向上に意欲的に取り組む姿勢を身に付けるために行います。

寺子屋

「寺子屋」のご紹介
「寺子屋」のご紹介 「寺子屋」のご紹介 「寺子屋」のご紹介

時間:17時~19時(火~金)

  1. 目的
    1. (1)新人看護職員に対して、臨床現場への適応を促進する。
    2. (2)新人看護職員のリアリティショックを緩和する。
  2. 内容
    1. (1)基礎看護技術の復習:モデルを使用しての看護技術
        (採血・注射・点滴・浣腸・導尿・摘便・経管栄養・口腔ケア)を練習する。
    2. (2)DVD鑑賞:基礎看護技術シリーズ 2種各5巻のDVDを見て学ぶ。
      1. 1)日常生活の援助技術編
          VOL1:ベッドメイキング   VOL2:リネン・寝衣交換   VOL3:体位変換
          VOL4:食事の介助      VOL5:経管栄養法
      2. 2)清潔の援助技術編
          VOL1:入浴・シャワー浴   VOL2:全身清拭・陰部洗浄  VOL3:洗髪
          VOL4:部分浴(足浴・手浴) VOL5:口腔ケア
    3. (3)輸液ポンプ・シリンジポンプの使用の練習をする。
    4. (4)電子カルテ(テスト患者)の入力方法を練習する。
    5. (5)新人看護職員の仲間づくり、話し合う場所を提供する。
  3. 担当
     新人教育担当看護師 → 『寺子屋』で練習する新人看護師の指導にあたっています。
     副看護部長(教育担当)
寺子屋ミニレクチャー

新人看護職員教育計画以外にも新人看護職員が困っている内容について、タイムリーに寺子屋でミニレクチャーを計画して行っています。

人工呼吸器使用方法(初級編)!!

車椅子の研修!!

トップへ