母乳育児・BFH

 私たち赤穂市民病院は母乳育児を応援しています。

おっぱいたより 私たちは、赤ちゃんにとってやさしい母乳育児を推進しています。 母乳の利点を可能な限り理解してもらい、ママから出るおっぱいを赤ちゃんに直接飲んでもらえるよう支援しています。 私たち人間にとって本来あるべき姿に戻れるような、難しくて、つらくて、でもいちばん自然で、いちばん楽しくて喜べる。 そんなすてきな育児をお母さん達全員にしてもらいたいと切望しています。
 そのため、母乳以外のもの(糖水、人工乳=ミルク)は可能な限り与えないようにしています。 もちろん、赤ちゃんに何らかの医学的な必要性が生じた場合は、医師との相談のもと、母乳以外のものも補足します。 母乳の利点を考えた結果、ママのおっぱいをしっかり与えるようにしているのです。

 実際、出産後の約48時間は母乳(成乳)を生産する準備期間でなかなか大変です。
 赤ちゃんの体重は減るし、赤ちゃんはよく泣くし、おしっこは少なくなるし、ちょっぴり不安になります。 でも、その間はママのおっぱいから出てくる初乳が赤ちゃんを助けてくれるのです。
 最初はにじみ出る程度しか出ない初乳ですが、とても大切な成分を含んでいます。
 母乳以外の糖水や人工乳には全く含まれず、そして決してまねのできない免疫物質(免疫蛋白)が含まれています。

 おっぱいは赤ちゃんに吸ってもらえばもらうほど、ママの体内に備わっている反射で母乳が良く出るようになります。 産後48時間は少ししか出ませんが、その後はあふれるように出てきます。でも出ないおっぱいを何回も吸われると乳頭はともすると切れて痛むかもしれません。それでも無心に一生懸命吸う赤ちゃんを見ていると痛みを通りこして赤ちゃんがさらにいとおしく感じます。そんなすてきな体験を是非していただきたいと思っています。
 母乳は赤ちゃんにとって最高の栄養源そして愛情の源です。

 私たちは一人でも多くの方に母乳育児のすばらしさを体験してもらいたいと思い、日々ケアを続けています。

「早期母子接触」のご紹介

「早期母子接触」のご紹介 当院では、正常分娩した親子を対象に「早期母子接触」を行っています。
 これは、生まれたままの赤ちゃんを産まれたままの状態で、母親の胸の上にうつぶせにするような状態で直接抱っこしてあげ、母親の体温で赤ちゃんを暖めてあげるものです。
 そうすることで

  • 赤ちゃんの呼吸が規則的になり、安定します
  • 赤ちゃんの眠りが深くなり、起きているときも穏やかになります
  • 感染症の危険が減り、母乳保育も進み、泣く回数が減ります
  • 低体温、低血糖予防になります
  • 新生児の腸管に他人の細菌ではなく母親の正常細菌が定着します

 また、母親は、赤ちゃんの温かさと力強さを感じて出産の喜びを一層実感することができるでしょう。

おっぱいのカンファレンス

 1人1人のおっぱいの状況にあわせて,スタッフみんなで母乳育児ができるようにカンファレンスを行っています。
 おっぱいのことで困ったことや心配なことがあればいつでも相談してください。

育児でお悩みの方、母乳育児希望の方のご参加をお待ちしています。
ご予約をご希望の方は、産婦人科病棟(5階南)までお申し込みください。

トップへ

赤穂市民病院へのご意見をお聞かせ下さい。

頂いたご意見への回答は行っておりません。

ご意見ありがとうございました。
今後の運営に活用させていただきます。

診療内容に関するお問い合わせにつきましてはお答えできません。また、個人情報が含まれるお答えはいたしかねます。
お問い合わせされた情報は、お問い合わせへの回答でのみ利用させていただきます。

必須項目を全て入力して下さい。

お問い合わせ内容

お名前※
メールアドレス※
ご住所
電話番号※

※は必須項目です。

お問い合わせありがとうございました。