患者教室のご案内

第18回赤穂市民病院学会を開催しました

平成28年10月8日、第18回赤穂市民病院学会を開催しました。
今回は、川崎医科大学検査診断学教授の通山薫先生が、「チーム医療と臨床検査」と題して、特別講演を行ってくださいました。
プログラムの詳細は以下のとおりです。

・開催日時: 平成28年10月8日(土) 午前9時~午後12時40分

・場  所: 赤穂市民病院 3階講義室

・プログラム詳細

時 間  演 題 名 所 属 発 表 者
 9:00    開会あいさつ         病院長  小野 成樹     

 

            

 

  一般演題Ⅰ                     座長(坂本 由規子)
9:05  1 熊本地震災害派遣報告 救急部 榊 崇江
9:15  2 2016年熊本地震のDMAT活動後におけるストレス調査 救急部 城尾 恵子
9:25  3 当院における(1→3)β-Dグルカン測定機器の比較検討 臨床検査部 津花 晋輔
9:35  4 看護部WLB委員会の取り組みと今後の方向性  看護部  竹内 泉 
9:45  5 切断者に対するrehabilitation~意欲を引き出す計画と介入~  リハビリテーション部  前澤 史織 

 

    

        

  

  一般演題Ⅱ                     座長(田渕 亨)
10:00 眼前暗黒感を伴うPSVTに対してカテーテルアブレーションを施行した1例 循環器科(初期研修医) 東城 夏香
10:10 末梢血バフィーコートによる白血球分類の試み~新集細胞法の考案と臨床応用~ 臨床検査部 黒田 彩水
10:20 血管造影装置における頭頚部検査の際に術者被ばくを低減する取り組み 放射線部 大角 祐貴
10:30 血管内溶血を起こし短時間で死亡したClostridium perfringens感染の一症例  臨床検査部  猪谷 嘉浩 
10:40 10 臨床検査部と皮膚科の関わり  皮膚科  和田 康夫 

 

   

        

 

  特別講演                     座長(小野 成樹)
11:00 チーム医療と臨床検査 川崎医科大学
検査診断学教授
通山 薫

 

  

  

  一般演題Ⅲ                     座長(室井 延之)
12:00 11 心不全患者に対する個別性に合わせた指導を試みて 看護部 廣田 唯
12:10 12 入院がん患者の精神症状緩和のためのアセスメントシートの活用 薬剤部 相楽 友香
12:20 13 赤穂市民病院におけるがん患者の苦痛のスクリーニングの現状と課題 緩和ケアチーム 武内 佐和子
12:30 14 退院支援ができる体制作り~退院支援リーダー会の実践報告~  看護部退院支援リーダー会  岸元 美樹 

 

      

      

 

12:40    閉会あいさつ         副院長兼事務局長 中島 明彦

 

             

トップへ

赤穂市民病院へのご意見をお聞かせ下さい。

頂いたご意見への回答は行っておりません。

ご意見ありがとうございました。
今後の運営に活用させていただきます。

診療内容に関するお問い合わせにつきましてはお答えできません。また、個人情報が含まれるお答えはいたしかねます。
お問い合わせされた情報は、お問い合わせへの回答でのみ利用させていただきます。

必須項目を全て入力して下さい。

お問い合わせ内容

お名前※
メールアドレス※
ご住所
電話番号※

※は必須項目です。

お問い合わせありがとうございました。