地域医療室長あいさつ

新年あけましておめでとうございます。

 冬らしい冬、厳しい寒さが毎日続いております。皆様方、いかがお過ごしでしょうか。ここ数年は温かい冬のことが多く、地球温暖化を体感できる時代に入ったと思っておりました。けれどそれは錯覚、冬はやはり寒いものですね。
 昨年11月の第19回地域医療連携会議では、たくさんの医療関係者にご参加いただきましてありがとうございました。その頃当院は改装工事中でした。そのため広い講義室が使えない状態でした。地域医療連携会議は、人数をしぼり少人数での開催を当初考えておりました。けれども新棟はすでにオープン、稼働しており、新棟の紹介をする企画にしてはという案が院内スタッフより出されました。それで本年度は新棟の見学会という趣旨で、従来のように幅広く皆様方にお声掛けをして、地域医療連携会議を開くこととなりました。新棟の4階健診センター、3階透析センター、2階内視鏡センター、超音波検査、マンモグラフィー、化学療法室、1階PET検査室、がん相談支援センターをご覧いただきました。会議のおわりに意見交換の時間をとっておりました。けれども意見交換の時間になっても、いつまで経っても戻ってこられないグループがありました。PET検査室での質疑が白熱していたようです。そのグループのメンバーの顔触れを聞き、なるほどと思うと同時に、新しい知識を深めようとする先生方の熱意をそのときに感じました。新型の検査機器は、この地域の共有財産と思います。市民の方々の検査、先生方の診療支援にご活用いただければと思っております。
 昨年の言葉は、「北」でした。寒さを感じさせる響きがありますが、今年は温かいおだやかな一年になりますことを願ってやみません。

平成30年 元旦
赤穂市民病院 地域医療室長 和田 康夫

トップへ

赤穂市民病院へのご意見をお聞かせ下さい。

頂いたご意見への回答は行っておりません。

ご意見ありがとうございました。
今後の運営に活用させていただきます。

診療内容に関するお問い合わせにつきましてはお答えできません。また、個人情報が含まれるお答えはいたしかねます。
お問い合わせされた情報は、お問い合わせへの回答でのみ利用させていただきます。

必須項目を全て入力して下さい。

お問い合わせ内容

お名前※
メールアドレス※
ご住所
電話番号※

※は必須項目です。

お問い合わせありがとうございました。