患者教室のご案内

赤穂市民病院第二期構想について

赤穂市民病院は、地域の中核病院として地域医療の発展に努めていますが、平成10年2月の病院移転から15年が経過し、診療科目の分科や増加など診療体制拡充に伴う診療スペースの不足や救急・健診部門の整備、人工透析室の拡充のほか、津波等災害への対応など多くの課題を抱えています。
 そのため、赤穂市民病院を取り巻く医療環境に即した医療機能のあり方と方向性、加えて建物等の整備内容を検討し、第二期基本構想を策定いたしました。

● 赤穂市民病院第二期構想は次の内容により構成しています。

  1. 赤穂市民病院周辺地域における医療需要分析
  2. 分析結果のまとめ
  3. 赤穂市民病院における将来対応患者数について
  4. 新棟建築にあたる整備項目について
  5. 施設整備内容について
  6. 新棟建築における赤穂市民病院事業収支シミュレーション



トップへ

赤穂市民病院へのご意見をお聞かせ下さい。

頂いたご意見への回答は行っておりません。

ご意見ありがとうございました。
今後の運営に活用させていただきます。

診療内容に関するお問い合わせにつきましてはお答えできません。また、個人情報が含まれるお答えはいたしかねます。
お問い合わせされた情報は、お問い合わせへの回答でのみ利用させていただきます。

必須項目を全て入力して下さい。

お問い合わせ内容

お名前※
メールアドレス※
ご住所
電話番号※

※は必須項目です。

お問い合わせありがとうございました。