採用情報

各科紹介

各診療科詳細

詳しくは、診療科名をクリックしてください。

内科

研修医へのメッセージ

臨床研修医として
  ①視野を広くもつこと
  ②常に最新の医学知識を得ること
  ③疾患ではなく、その疾患を有する“人”への医療を提供すること
  ④医療スタッフのリーダー的存在となること
を目指した研修をおこなっています。
単なるローテンション研修ではなく、研修医が主体的、実践的に医療に携わり、研鑽を積んでいただくよう指導医やスタッフがサポートする体制を構築しています。

  • 研修選択 可
  • 指導担当医 高原、小畑、一瀬
  • 内科の特色
    • 内科系の中でも糖尿病・腎臓病を中心とし、感染症(肺炎、尿路感染、髄膜炎・・・)や血液疾患、膠原病、神経内科疾患など多岐にわたり全身管理を行う分野です。教育入院(糖尿病、腎臓病)も積極的に行っています。
  • 研修医の先生の役割
    • 指導医につきながら担当医として患者の治療にあたります。
  • カリキュラム
    • 1年目前半は、患者診察や病歴聴取を確実にとること、診療録を確実に記載すること、輸液の基本や抗生物質使用の基本を中心に学びます。2年目の場合は、複雑な病態や疾患についても積極的に取り組んでいただきます。
    • 各種医療手技を、指導医とともに習得します。
      動静脈採血、動静脈ルート確保、血糖検査、皮下注射、中心静脈カテーテル留置、ブラッドアクセス留置、腹部エコー、腰椎穿刺、胸水穿刺、腹水穿刺、骨髄穿刺・・・
    • 糖尿病学会認定教育施設であり、糖尿病専門医取得のための研修ができます。
  • カリキュラムの3本柱

つまり指導医の求める1年目研修医最低限の目標(内科でないと経験できない内容)が3つあります。もちろん、これ以外の内容も豊富に学んでいただきます。

1.糖尿病教育入院患者に対して、「糖尿病教育入院まとめ」用紙を利用しながら、退院時に患者指導を行えるようになる

評価の目的:
   学習者の診断
観察の方法:
   退院までに用紙記入できたものを指導医がチェック
   患者指導している場面に指導医が同席して、説明内容の正確性、わかりやすさを主観的に評価する
解釈の方法:
   用紙記入が正しくできていること
   患者指導について、指導医が80点以上の合格点をつけられること
含まれる学習内容:
   糖尿病の定義、重症度、合併症の内容、血圧・脂質管理目標の理解、食事指導の詳細、運動療法の強度、喫煙・飲酒について、予防接種の重要性、内服薬の意義、血糖治療目標
   一般の人が理解できる言葉に置き換えた説明

2.他職種(看護師、薬剤師、臨床工学士、リハビリ士、臨床検査技師、栄養士、MSWなど)と連携した治療を実施できるようになる

評価の目的:
   学習者の診断
観察の方法:
   担当患者の治療過程において、他職種と協働して治療計画を立てたことをカルテに記載し、指導医にチェックうける。また、指導医は計画を実行したあとに研修医に感想を聞く。
解釈の方法:
   他職種との連携の重要性を述べられること
含まれる学習内容:
   チーム医療、コミュニケーションスキル

3.インスリンを用いた血糖調節を、指導医が80点以上の合格点をつけられるレベルで実践できるようになる

評価の目的:
   学習者の診断
観察の方法:
   割り当てられた患者の血糖調節の計画を立てる。入力時に安全性に配慮した形での計画を立てられているかを指導医が観察する。
解釈の方法:
   基礎疾患・病態に応じて、過不足ないインスリン投与量・種類・間隔を決められていること。5回の計画立案に対して4回以上の合格判定を指導医から受けられること。
含まれる学習内容:
   インスリンの作用・副作用、代謝、インスリンの種類と特徴、血糖治療の基本戦略、糖尿病合併症、インスリン抵抗性とは、糖毒性とは

  • ポートフォリオの作成
    研修の歩みを確実に記録として残し、振り返りを行うことで自己の強み・弱みを発見し、自己学習につなげ省察的実践家になれることを目標としてポートフォリオ(紙はさみ)ファイルを作成していただきます。
    2年間の研修修了時に、自分が何を学んできたか、形として残すことは、今後のキャリアアップにも必要となってきます。

「また、学会、研究会、講演会などでも積極的に発表、参加します。研修医の業績集(内科のみ)へリンク」

消化器内科

  • 研修選択  可
  • 指導担当医 高尾
  • 消化器内科の特色
    消化器内科では消化管と肝胆膵領域における疾患を中心に学びます。 消化器内科では手技が非常に多くなっています。そうした手技がどのようなものであるか、どのような時に行うのか、また検査の流れを理解し、何を準備するのかを習得してもらいます。 そして検査結果の意味するところ、画像の読影を可能としてもらいます。また、基本的手技である腹部超音波検査は将来どの分野に進もうと必要なものです。したがって、初期研修1年目で習得してもらいます。 内視鏡検査の手技は初期研修2年目で基本手技を習得してもらいます。
    消化器疾患の治療には外科的治療、放射線治療、化学療法などの要素も入ってきます。したがって、消化器外科医や放射線科医、病理医等との連携も重要で、さらに超音波検査技師や内視鏡検査技師等のコメディカルとの連携も必要であり、 チーム医療を実践してもらうことになります。特に消化器外科医とは同じ消化器科の一員として常にカンファレンスを行い連携を密にしています。
  • 研修医へのメッセージ
    消化器内科の守備範囲は広く、多くの技術を身に付けることが可能です。消化器内科医である前に内科医としての素養も十分に身に付けることができます。 そしてそれは医療の根幹をなすものでもあり、今後の医療人としての有益な研修となりましょう。間口も奥行きも広い消化器内科を専攻しませんか。

循環器科

  • 研修選択 可
  • 指導担当医 藤井、大橋、觀田、平沼、絹谷
  • スケジュール
     
    午前 心臓カテーテル検査
    心臓核医学検査
    心臓血管外科手術
    心臓カテーテル検査
    心臓核医学検査
    心臓カテーテル検査・治療
    ペースメーカー等植込みデバイス
    病棟総回診
    心臓カテーテル検査・治療
    心臓血管外科手術
    アブレーション
    心臓電気生理検査
    心臓核医学検査
    午後 心臓血管外科手術   心臓カテーテル検査 心臓カテーテル検査
    心臓血管外科手術
    経食道心エコー
    アブレーション
    夕方 抄読会 虚血カンファレンス 循環器科・心臓血管外科カンファレンス 不整脈カンファレンス 研修医セミナー
    (第2・4週)
    超音波検査は随時行っています。心臓カテーテル検査・治療も随時行います。
    夜間/週末は当番医師制になっており、医師のQOLにも配慮しています。
  • 経験できる症例
    虚血性心疾患、弁膜症、急性・慢性心不全、不整脈(ペースメーカー、アブレーション、ICD、CRTD)、心筋症、心筋炎、(成人)先天性心疾患、心膜疾患、閉塞性動脈硬化症、感染性心内膜炎、肺塞栓症、深部静脈血栓症、肺高血圧症など
  • 研修医へのメッセージ
    初期および後期研修を通して、一般的な循環器疾患の初期治療に対応でき、またその後の専門的な治療方針の決定や遂行が可能となることを目指します。循環器領域に興味がある研修医の皆さんの興味がさらに広がる事を約束いたします。

循環器研修のコンセプトは虚血性心疾患のみならず、すべての循環器疾患を診察できるだけでなく「循環器医である前に内科医である」ことです。
循環器科では患者様を初期研修医(2年間各科ローテーションコース)は副主治医として、後期研修医(2~3年間コース)は主治医として指導医とチーム体制で患者様を受け持ちます。 初期研修医は救急対応・基本的手技に加えて心臓超音波検査を習得できるように指導します。毎朝8時から全員で約20分間カンファレンスを行っています。
また、後期研修医は救急対応・心臓超音波検査に加えて心臓カテーテル検査手技・体外式ペースメーカー挿入手技・経食道心エコー・シンチ・心臓CTなどの非侵襲的検査の手技と読影等に加えて経皮的冠動脈インターベンション手技を2年目から指導します。
内科認定医・循環器専門医・心血管インターベンション専門医試験等に合格するに十分な知識と技術が習得できます。

外科・消化器外科

  • 研修選択 可
  • 指導担当医 横山、高原
  • スケジュール
     
    午前 手術 (外来) 手術 (外来) 手術
    午後 手術 回診
    カンファレンス
    手術 NST回診
    手術
    手術
  • 経験できる症例
    胃癌、大腸癌、肝胆膵疾患を中心に外科、消化器外科を基本から経験できます。
  • 研修医へのメッセージ
    平成25年8月現在、スタッフは5名(S57,H1,H12,H17,H19)です。
    平成24年の年間手術件数は559例(うち全身麻酔手術は359例)で、うち緊急手術は112例でした。 主な手術の内訳は、胃癌30例(うち腹腔鏡下手術8例)、結腸直腸手術58例(うち腹腔鏡下29例)、胆嚢摘出術81例(うち腹腔鏡下69例)、肝切除術10例、膵頭十二指腸切除術6例、食道癌手術2例でした。
    日本外科学会認定医制度修練施設、日本消化器外科学会専門医修練施設、日本静脈経腸栄養学会専門療法士実施修練施設ほか多くの認定を受けており、日本内視鏡外科学会の技術認定医も2名が在籍しております。 救急を断らない病院としても知られています。
    術前術後カンファレンスでは消化器内科医、麻酔医の出席のもと、毎回充実した討論が行われています。 麻酔科医も常勤3名で、夜間緊急の腹腔鏡下手術にも対応していただいております。
    大規模病院ではないこともあり、臓器別の専門性も敷いておらず、ほとんど全ての症例がまんべんなく経験できます。 外科全体の症例数を増やしたいと考えている方、地域の医療、救急医療に興味のある方には最適と考えます。
    地域の救急医療、がん診療を支える病院のスタッフあるいは後期、初期研修医として義士の街赤穂で私たちといっしょに働いてみたいという方を広く募集しています。 情熱ある研修医の方、どうぞ一度、赤穂に来てみてください。スタッフ一同心よりお待ちしています。

小児科

  • 研修選択 可
  • 指導担当医 白石
  • スケジュール
     
    午前 (担当患者の回診・処置・採血等、診療方針相談など)
    (一般外来見学、入院した児の処置、診療方針の検討相談)
    午後 (専門外来見学等)
    アレルギー外来

    神経外来

    乳児健診

    予防接種
    カンファレンス
    心臓外来
  • 経験できる症例
    小児科一般疾患(肺炎等の感染症、喘息等のアレルギー疾患など)
    小児神経疾患(てんかんほか)
    小児心疾患(先天心奇形、川崎病など)
    新生児疾患
  • 研修医へのメッセージ
    地域の基幹病院として、小児救急にも対応しています。風光明媚な赤穂で、小児科一般の基礎研修をゆっくりやってみませんか。

放射線科

  • 研修選択 条件付きで可
  • 指導担当医 金岡、起塚
  • スケジュール
     
    午前 健診 胃透視
    読影
    放射線治療外来
    読影
    午後 放射線治療位置づけ
    読影
  • 経験できる症例
    病院内で撮影されたすべてのCT、MRIの読影、心筋シンチ・脳血流シンチ以外のRIの読影
    健診の胃透視(週1回)、胸部単純写真の読影
    院内及び他院より紹介された放射線治療患者の治療計画
  • 研修医へのメッセージ
    後期研修で放射線科を選択される方は研修受け入れご相談ください。

麻酔科

  • 研修選択 可
  • 指導担当医 横山、長尾、吉松
  • 麻酔科の特色
    麻酔科学は、薬理学や生理学などの基礎医学の知識に基づいて、中枢神経系・循環器系・呼吸器系・肝腎内分泌系・感染・ショック、そして痛みという幅広い分野を学ぶものであり、将来どの科に行っても必ず役立つ学問です。
  • 研修医へのメッセージ
    手術麻酔管理を実践することにより全身管理と危機管理を習得できます。
    初期研修1年目に、全身麻酔と腰椎麻酔を行い、具体的には気管内挿管・動脈ライン・静脈ライン・腰椎穿刺などのスキルを磨きます。
    初期研修2年目には、期間限定なしで受け入れ可能です。全身麻酔併用硬膜外麻酔や神経ブロックを指導し、また希望があればペインクリニックも学ぶことができます。
    後期研修で当院麻酔科の希望者は、専門研修連携施設Aとして京大プログラムに所属していますので、京大の移植外科などの特殊な麻酔やICU管理を経験できます。
    麻酔科はもともとON・OFFのはっきりした科ですが、特にワークライフバランスを重視し過労にならないよう配慮しています。長い医師人生の初めに麻酔科をまわってみませんか。

形成外科

  • 研修選択 可
  • 指導担当医 大井
  • スケジュール
     
    午前 外来/病棟 病棟/手術 外来/病棟 病棟/手術 外来/病棟
    午後 外来手術 手術 外来手術 手術 外来手術
  • 経験できる症例
    外傷及び熱傷、先天奇形、良性・悪性腫瘍、瘢痕ケロイド。眼瞼下重、レーザー、陥入爪、腋臭症など
  • 研修医へのメッセージ
    形成外科で扱う疾患は幅が広くかつ少々特殊です。個々の疾患についても形過を見ていくことが重要と考えますので、皆さまのお越しを是非お待ちしております。

トップへ

赤穂市民病院へのご意見をお聞かせ下さい。

頂いたご意見への回答は行っておりません。

ご意見ありがとうございました。
今後の運営に活用させていただきます。

診療内容に関するお問い合わせにつきましてはお答えできません。また、個人情報が含まれるお答えはいたしかねます。
お問い合わせされた情報は、お問い合わせへの回答でのみ利用させていただきます。

必須項目を全て入力して下さい。

お問い合わせ内容

お名前※
メールアドレス※
ご住所
電話番号※

※は必須項目です。

お問い合わせありがとうございました。